ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたい

【バスケ日本代表】抜群の身体能力 馬場雄大【アルバルク東京】

はろー。

 

もはや気持ちだけで記事を書いているので、

そろそろ頭を使った方が良いのか悩む、ふーたです(笑)

 

 

今回は身体能力抜群で

今や日本で一番のダンカーである馬場雄大について語ります。

 

基本情報

・1995年11月7日産まれ

富山第一高校出身

筑波大学出身(インカレ3連覇、MVP経験あり)

・大学在学中にアルバルク東京に入る

身長198 体重90 ポジションSF(スモールフォワード

 

 

馬場は大学在学中にプロの道に進んだ、

前途有望な選手の一人です。

 

 

馬場の特徴はとにかく身体能力が高いことです。

 

足の速さや跳躍力、瞬発力などバスケに必要な能力が揃っています。

 

体にバネが入ってるみたいですね(笑)

 

 

馬場といえば、やはり速攻からのダンク!!

 

ディフェンスがボールをとったと分かると

すぐにゴールに向かって走り出します。

 

そして、ダンクまでもっていきます。

 

自分でスティールをして、ダンクにも行きます。

 

彼は学生時代から

持ち前の身体能力を発揮して、

大学2年生には試合で

普通にダンクをしていました。

 

1試合に最低1本はダンクをしています。

 

 

その上、馬場はダンクをするシチュエーションを

自分でつくるのが上手いです。

 

ダンクというのは、やはりノーマークの速攻が

一番やり易いです。

 

馬場はディフェンスの嗅覚も優れています。

 

身体能力だけではなく、

しっかりボールが来るところを読んで

ディフェンスしています。

 

その為、スティールもできて、

ダンクを量産することに繋がっています。

 

攻守ともに魅せてくれますね(笑)

 

12月のカザフスタン戦でも

ダンクで、競っていた展開に勢いを与え、

リードを奪いました。

 

馬場のプレイは本当にチームに勢いをもたらします。

 

観戦する側も盛り上がってしまいますね!!

 

馬場はバスケをする為の頭と身体能力を

兼ね備えている存在だと思います。

 

 

 

僕は彼を大学から観ています。

 

その頃から思うのが、ボールへの執念が

人一倍、強いことです。

 

ルーズボールには勢いよく飛び込み、

会場を沸かせます。

 

そういう選手がチームの士気を上げ、

勢いをつけます。

 

また、馬場はスコアラーという感じではないのですが、

要所の合わせのプレイなど確率よく決める

イメージがあります。

 

ダンクの派手さだけでなく、

チームでつくられたオフェンスをきっちり

こなすのも彼の強みです。

 

 

馬場はフォワードとして

得点やリバウンドに絡むだけではありません。

 

何とポイントガードまでこなします。

 

学生時代には馬場がゲームを組み立てる時間帯もありました。

 

何でもできるやんけって感じですね笑

 

 

更に、チームの他メンバーのシュートが好調だと、

ディフェンスやリバウンドに力を入れてる感じがします。

 

馬場が大学3年のインカレ決勝では

リバウンドとブロックが光ってました!

 

日本代表の中でも求められている役割をきっちりこなします。

 

アジア予選ではディフェンスを徹底し、

馬場の強みである、走るプレイをしっかり行っていました。

 

彼はチームの状況を冷静に判断してプレイできる

柔軟性ももっています。

 

 

 

馬場は僕と同年代です。

 

同年代でこんなに堂々とプレイして、

結果を出し、日本を背負っているなんて…

 

自分も頑張ろうと思えますね!!

 

 

馬場の勢いのあるプレイには勇気付けられます。

 

この勢いでワールドカップ、オリンピックを駆け抜けていってほしいですね!!

 

今後の活躍に期待です!!!