ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたい

【日本バスケの伝説】日本人初のNBAプレーヤー 田臥勇太のここを観よう【栃木ブレックス】

はろー。

 

どんなに眠たくても、

ブログを書き始めると目がさえる、ふーたです。

 

 

さて、この記事では、現在は日本代表ではないのですが、

日本バスケのレジェンドである田臥勇太について語ります。

 

彼の存在無くして今の強い日本バスケはないといっても過言ではないです。

 

だから、一旦、田臥について語らせてください(笑)

 

僕自身、バスケ観戦のきっかけにもなった選手です。

 

 

 

基本情報

・1980年10月5日産まれ

能代工業高校出身(史上初の9冠を達成 ※インターハイ、国体、ウインターカップ3年連続優勝)

・高3時には全米ジュニア選抜VS世界ジュニア選抜で世界ジュニア選抜に日本人で初めて選出された

・ブリガムヤング大学ハワイ校出身

・一度日本でトヨタ自動車アルバルク(現アルバルク東京)に入る

アメリカ挑戦 ダラス・マーベリックスサマーリーグなどに参加

NBAフェニックス・サンズと契約し、日本人初のNBAプレーヤーになる

・解雇後もしばらくはアメリカでサマーリーグNBAデベロップメント・リーグ等でプレイする

・6年のアメリカ挑戦後、2008年にリンク栃木ブレックスに入る

身長175 体重75 ポジションPG(ポイントガード

 

 

 

田臥はバスケ選手の中で一番知名度があるのではないでしょうか。

 

田臥が中学生の時に進研ゼミのCMに出ていましたし、

 

何といっても

日本人で初めてNBAのコートに立った選手です。

 

身長が高いわけではありませんが、

確かにNBAでプレイをしました。

 

本当にレジェンドです。。。

 

 

現在、渡邊雄太が2人目のNBA選手になったり、八村塁がゴンザガ大で活躍するなど、

アメリカで活躍する日本人プレーヤーが増えています。

 

彼らの道標を作ったのが、田臥ではないでしょうか。

 

渡邊雄太田臥の一声でアメリカ行きを決意したという話もあります。

 

 

そう、田臥は日本バスケの歴史をつくったのです!!

 

 

 

そんな彼はどんなプレイをするのでしょうか。

 

特筆すべきはパス能力です。

 

 

このパスが好きで、よく動画などを観ていました。

 

そこから、バスケの試合をよく観るようになったなあ(笑)

 

、、、自分語りは置いといて…(笑)

 

 

田臥は常に2、3手先を読み、

ノールックで的確なパスを出します。

 

味方を活かすパスが彼の強みです。

 

田臥は他の選手とは違う目を持っていると評判でした。

 

彼がアメリカに行くきっかけになった、

アメリカの高校生を相手にした試合で

ハーフライン付近からゴール下に

ディフェンスの隙間をぬったパスを出します。

 

これは、広い視野、相手の動きを察知する能力、パスの力やコントロール、度胸など、

全てが優れていないとできないパスです。

 

高校時代からそんなパスが出せるなんて

流石ですね。

 

 

そして、田臥は特に速攻のなかでのパスが得意だと感じます。

 

彼はスピードもあり、その速さの中で

瞬時にノーマークの味方を見つけて、シュートが打ちやすい様にパスを出します。

 

また、味方をノーマークにするために、

自分にディフェンスを引き付ける様にプレイをします。

 

例えば、ドリブルでディフェンスがいる場所へいき、味方とディフェンスの距離を空けて、パスをさばくという様なプレイをします。

 

田臥のパスは様々な要素を組み合わせて

得点につながる、最適なパスになるようにしているのですね。

 

田臥の観ている風景や感覚を僕も体験してみたいです(笑)

 

 

 

田臥は人間としても大好きです(笑)

 

彼がテレビや取材で話す言葉を聞いていると

非常に謙虚だとわかります。

 

挑戦する強さを持ち合わせながら、謙虚さも忘れない。

 

見習わなければならない点ですね。

 

田臥アメリカに挑戦するとき

周りに散々ムリだと言われてきました。

 

それでも彼は努力を続け、NBAのコートに立ちました。

 

もちろん、現実的な目線も大切ですが、

 

成し遂げたいことなら、謙虚に努力を続けて、

 

周りの声に惑わされてはいけないと思わされます。

 

僕もがんばろう(笑)

 

 

 

田臥は現在、歳や怪我の影響で

日本代表に選出されなくなりました。

 

しかし、Bリーグではまだまだ活躍しています。

 

田臥のパスは今も健在です。

 

年齢も年齢なので、今のうちにプレイを目に焼き付けておかなければいけませんね!!

 

 

日本バスケを語るうえで

田臥の存在は欠かせません。

 

これからもレジェンドとして語られるでしょう。

 

てか、僕が語っていきます(笑)

 

 

そんな田臥勇太に今後も注目!!!