ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

【バスケ日本代表】安定感がすごい 3Pの確率が良いCF 張本天傑【名古屋ダイヤモンドドルフィンズ】

はろー。

 

継続する事が苦手なのに、ブログがそこそこ続いて

嬉しくなる、ふーたです。

 

この調子で日本バスケに関する情報を

お届けしたいなと思います。

 

 

さて、今回は日本代表戦の要所で結果を出す

安定感があるプレーヤー、張本天傑について語ります。

 

 

基本情報

・1992年1月8日産まれ

・中部大学第一高校出身

青山学院大学出身(インカレ優勝経験あり)

トヨタ自動車アルバルク東京(現アルバルク東京)に入団

・2016年から名古屋ダイヤモンドドルフィンズに入団

身長197 体重102 ポジションCF(センターフォワード

 

 

張本は身長もありながら、

アウトサイドのプレイもこなせる

オールラウンダーです。

 

僕が思う彼の魅力の一つは、

3Pシュートの確率が良いことです。

 

張本はインサイドの選手という事もあり、

3Pシュートを多くは打ちません。

 

しかし、その確率は非常に良いです。

 

Bリーグでも4割ほど沈めています。

 

無駄打ちをせず、要所で打って決めている印象です。

 

前回のカタール戦でも交代後、

早い段階で1本目の3Pシュートを決めています。

 

張本は代表の中では出場時間が長くないですが、

出場すると、しっかり3Pシュートを沈めている印象です。

 

この安定感は素晴らしいですね!

 

 

また、ドライブからの得点もできます。

 

決してガタイが良いわけではないのですが、

当たり負けをしない強さがあります。

 

その為、ゴール下までしっかりボールを持っていき、決めきることができます。

 

速攻にもしっかり絡めますし、運動量も多い選手です。

 

張本はフォワードとして理想的な選手の一人だと感じますね。

 

 

張本は身体能力が高いです。

 

その為、ディフェンスも堅実にします。

 

しっかり足を動かして、

中に侵入させない様にします。

 

彼は運動能力と共に、力強さもあるので

インサイド、アウトサイドの選手ともに守ることができます。

 

この様な選手が一人いると、

どの様なメンバーが出ていても、ディフェンスが出来るという

安心感がありますね(笑)

 

 

さらに、11月のカタール戦では

ブロックも飛び出しました。

 

張本より大きい選手を相手にブロックしました。

 

その瞬間は盛り上がりましたね(笑)

 

この様な力強さも張本は兼ね備えています。

 

 

張本は渡邊や八村の台頭で

日本代表での出場時間は少なくなっていました。

 

しかし、その中でも11、12月のカタールカザフスタン戦で結果を出し、

2月でもしっかりプレイ時間をもらっていました。

 

自分が求められているプレイを

与えられた時間でしっかり表現できたのは

流石だと感じました。

 

張本は派手なプレイをするわけではないですが、

安定した幅広いプレイが出来ます。

 

名古屋ダイヤモンドドルフィンズでも活躍しています。

まずはBリーグで観てみてください!

 

日本代表では、

渡邊や八村の様な若い選手も台頭してきていますが、

今後もしっかり活躍してくれると思います!!!

 

まずは、ワールドカップ本選、期待しましょう!!!