ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたい

若さを感じさせないメンタル 岡田侑大に注目【シーホース三河】

はろー。

 

寝不足で研修中に少し寝てしまった、

ふーたです。

 

しょうがないよね(笑)

 

 

今回は20歳とは思えない落ち着きがあるプレーヤー、

岡田侑大について語ります。

 

 

基本情報

・1998年6月10日産まれ

東山高校出身(ウインターカップ準優勝経験あり)

拓殖大学出身

シーホース三河に20歳で入団

 身長189 体重80 ポジションPG/SG(ポイントガード/シューティングガード

 

 

岡田は大学を20歳で中退し、

プロに行った異色の選手です。

 

 

まずは、岡田のプレイ面を見ていきましょう。

 

 

岡田はすごく器用な選手だと感じます。

 

そして、トリッキーだという印象です。

 

彼はドライブが得意で、ハンドリングが良く、

それを活かしてディフェンスをスッと抜きます。

 

ステップやフェイクを駆使して

ディフェンスを欺くのが非常にうまい選手です。

 

ステップを工夫して、

ディフェンスを避けながらリングにむかい、

柔らかいレイアップでシュートを決めます。

 

 

また、岡田といえば、ビハインドパスのフェイクを使うのが特徴です。

 

ビハインドパスとは体の後ろを通すパスの事です。

 

そして、そのパスをするふりをして、

ドリブルからステップをする時に、ボールを後ろまでそらし、

ディフェンスを迷わせる技です。

 

これが結構効果的で、ディフェンスをあっさり抜いてしまいます。

 

ハンドリングが優れていないとできないので、試合でやるのは難しいですね。

 

これが決まると、非常にカッコいいので、

会場を沸かせます!!

 

Bリーグの試合でも観られるかもしれないので、

ぜひ注目してほしいです!

 

 

岡田の本当にすごいところはメンタルの強さだと思います。

 

彼はシーホース三河に入団し、数カ月でスタメンの座を獲得しました。

 

デビュー戦ではさすがに緊張がみられましたが、

きっちり初得点をきめていました。

 

そして、すぐにプロの感覚に慣れて、

Bリーグでも普通に得点が取れる様になりました。

 

20歳とは思えない落ち着きで得点を重ね、チームに貢献します。

 

遠慮とかもなく、自分が中心だという姿勢さえ感じられる時があります。

 

堂々としたプレイは圧巻ですね。

 

だからこそ、スタメンを獲得し、活躍しているのでしょう。

 

このメンタルの強さで、シーホース三河を背負い、

更にはBリーグを背負う選手の一人になる事でしょう。

 

 

とんでもないルーキーに今後も期待ですね!!