ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

気持ちで引っ張るPG 寺園脩斗を観よう!【三遠ネオフェニックス】

はろー。

 

職場で風邪をうつされた、ふーたです。

 

マスクの意味なし(笑)

 

 

今回はキャプテンシーがあり、

気持ちでチームを引っ張るプレイヤー、

寺園脩斗について語ります。

 

 

基本情報

・1994年6月28日産まれ

延岡学園高校出身(インターハイウインターカップ優勝経験あり)

東海大学出身(インカレ準優勝経験あり)

・実業団の九州電力アーティサンズに入団(2017-2018)

・三遠ネオフェニックスに入団(2018-)

身長171 体重70 ポジションPG(ポイントガード

 

 

寺園のことは高校、大学の時から注目していました。

 

彼の一番の魅力は

気持ちの強さが全面に出ているプレイだと思います。

 

まず、寺園は3Pシュートが得意です。

 

大学の4年生の時も

インカレで3P王に輝きました。

 

彼は勝負どころで決めてくれます。

 

また、自分が空いたと思ったら

高確率で打ちますね。

 

自分が得点で貢献して、勝とうという

意識が強いのだと思います。

 

 

また、3/24の第29節でも気持ちの強さを発揮しました。

 

ディフェンスにつかれながら難しいレイアップを決めたり、

ミドルシュート、3Pシュートをしっかりきめて、

三遠ネオフェニックスに流れを呼び寄せました。

 

チームに勢いがつきましたね。

 

あの日のヒーローはまさに寺園といった感じでした!

 

 

そして、寺園はディフェンスも得意です。

 

積極的にプレッシャーをかけ、

 

スクリーンされてもマークマンに付いていく

執念深さ。

 

素晴らしいですね。

 

そこからミスを誘発して、

速攻まで持っていくプレイは最高です!

 

コートを一気に駆け上がります。

 

この様なプレイは会場も盛り上がりますし、

これもまた、チームに勢いをもたらしてくれます。

 

 

寺園は3Pシュート、ドライブ、ディフェンス、どの技術も高いです。

 

しかし、それだけではないんですね。

 

そこに、気持ちが乗るからこそ、

チームを勝たせる選手になっているのだと思います。

 

昔の話になりますが、

寺園が3年の時、高校のウインターカップの決勝で、

当時、渡邊雄太がいた尽誠学園相手に

試合終了近くで3Pシュートを2連続で決め、

優勝を決定づけました。

 

昔から気持ちの強いプレイをしていたのですね!!

 

 

寺園は最初はBリーグのプレイヤーではありませんでしたが、

今ではすっかり三遠ネオフェニックスに欠かせない選手です。

 

 

そんな気持ちのこもったプレイを観られる

寺園をぜひ観にいきましょう!!