ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

流れをつくる、得点力があるガード 安藤誓哉に注目【アルバルク東京】

はろー。

 

重い荷物運んだだけで軽く筋肉痛になった、ふーたです。

 

運動不足がでましたね。

 

ショックでした(笑)

運動しよう、、、

 

 

 

今回はアルバルク東京の得点力とキレがあるガード、

安藤誓哉について語ります。

 

 

基本情報

・1992年7月15日産まれ

明成高校出身(インターハイ準優勝経験あり)

明治大学出身

・カナダのリーグである

 NBLカナダのハリファックス・レインメンに入団(2014-2015)

・フィリピンのプロリーグのメラルコ・ボルツに入団

リンク栃木ブレックスに入団

秋田ノーザンハピネッツに入団(2016-2017)

アルバルク東京にレンタル移籍(2017-2018)

アルバルク東京に完全移籍(2018-)

身長181 体重80 ポジションPG(ポイントガード

 

 

安藤はかなり異色なバスケ人生をたどってきています。

 

 

安藤の魅力は流れをつくる得点で、

チームに勢いをつける選手であることです。

 

そして、得点能力が高いです。

 

 

安藤を私が初めて観たのは

インターハイの決勝(明成VS八王子)でした。

 

安藤は明成高校のエースでした。

 

この試合のラスト1分の印象が非常に残っています。

 

1分を切っていて、明成は5点差で負けていたところで

明成がタイムアウトをとりました。

 

そして、タイムアウト明け、、

明成ボールでスタート。

すると、いきなり安藤が3Pシュートを沈めます。

 

更に、明成はオールで当たり、八王子のミスを誘発し

安藤のドライブで一気に同点まで追い付きました。

 

約10秒で追い付いてしまいました。

 

最後は惜しくも敗れてしまいましたが、

安藤の勝負強さと得点能力が発揮された瞬間でした。

 

あのプレイには感動し、

エースとはこういうことだなと感じましたね。

 

 

そして、安藤の得点でチームの流れを変えるプレイは

今ももちろん、健在です。

 

3/30の秋田ノーザンハピネッツ戦でも

安藤の得点能力を観ることが出来ました。

 

アルバルク東京は第2Qまで負けていましたが、

第3Qで盛り返しました。

 

この時、安藤は3Pや1対1からレイアップまでもっていくプレイで

連続で得点をあげました。

 

更には、カークに対してアリウープのアシストもありました。

 

この様な得点やゲームを作る能力でチームに勢いを与えました。

 

これらの試合を観て、

 

安藤はドライブ、3Pシュートどちらも

キレがあり、非常に止めにくい選手だと感じます。

 

そのため、ガードとしてゲームを作るだけでなく、

自分で得点を取って、チームに勢いをつけることができます。

 

更に、ディフェンスもタフにし、リバウンドにもとびこむ、

泥臭いプレイもきっちりするので、

素晴らしいですね。

 

高校からの勝負強さもありますので、

頼れるガードとしてアルバルク東京を引っ張ってくれてます。

 

 

アルバルク東京は現在(2019/04/02)はチャンピオンシップの出場を決めています。

 

そこで、優勝を目指して、今も戦っています。

 

安藤もアルバルク東京のスタメンのガードとして

活躍しています。

 

キレがあり、得点能力が高い安藤のプレイを観るために

一度、アルバルク東京の試合を観戦してはいかがでしょうか!!