ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

安定感があるオールラウンダー ザック・バランスキーに注目【アルバルク東京】

やりたいと思った事は全部やろう。

 

この実践が難しいと感じる、ふーたです。

 

行動力の問題ですね(笑)

 

 

今回はインサイド、アウトサイドで

安定感を魅せるオールラウンダー、

ザック・バランスキーについて語ります。

 

 

基本情報

・1992年12月18日産まれ

東海大学第三高校(現東海大学付属諏訪高校)出身

東海大学出身(リーグ戦、インカレ優勝経験あり)

アルバルク東京に入団(2015-)

身長193 体重94 ポジションSF/PF(スモールフォワード/パワーフォワード

 

 

ザックはアメリカ出身ですが、

幼少期から日本にずっと住んでいるので、日本国籍の選手です。

 

 

ザックの魅力はインサイド、アウトサイド関係なく

安定感のあるプレイを魅せてくれるところです。

 

ディフェンスがミスマッチだったり、

インサイドに人がいないと

ポストから1対1で攻めます。

 

体も強いので、当たり負けしません。

 

ステップを使って技ありなプレイで抜くこともあれば、

ディフェンスにぶつかりながらシュートを放つこともできます。

 

インサイドにアレックス・カーク(アルバルク東京)などの

強い選手がいると、

外でボールを待って、3Pシュートを狙います。

 

状況に合わせて攻め方を変える柔軟性があります。

 

ディフェンスも粘り強く、体の強さを活かして、

インサイドでしっかり守ります。

 

目立たないところでの泥臭いプレイも厭わずにするので

チームを救ってくれます。

 

素晴らしいプレイヤーですね。

 

 

また、東海大学時代の試合で、

当時一緒のチームでプレイしていたベンドラメの言葉が印象的でした。

 

それは、

「ザックはどんなパスでも取ってくれるから、僕も思い切ってチャレンジができる」

という言葉です。

 

ザックは多少パスが強かったり、ずれたりしても

しっかり受け取ってシュートを決めることが出来ます。

 

ガードとしても裏をかいた難しいパスも取ってくれるので、

一緒にプレイが非常にしやすいのだと思います。

 

実際にインカレなどでベンドラメとザックの合わせのプレイは

圧巻でした。

 

例えば、ベンドラメが一瞬の瞬間にアリウープのパスをすると、

ザックはきっちり受け取り、ファールをもらいました。

 

ザックの様な選手はガードの人の信頼があつい選手だと感じます。

 

 

この様に、ザックは派手なプレイをするわけではありませんが、

チームに欠かせない選手の一人です。

 

ぜひ、そんなザックの活躍をBリーグで観てください!!