ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

千葉の職人!! マイケル・パーカーに注目【千葉ジェッツ】

どうも。

 

今回は先日(4/14)の第35節でも大活躍だった

職人的な活躍をする選手、マイケル・パーカーについて語ります。

 

 

基本情報

・1981年12月6日産まれ

エバーグリーン州立大学出身

bjリーグライジング福岡に入団(2008-2011)

島根スサノオマジックに移籍(2011-2013)

和歌山トライアンズに移籍(2013-2014)

トヨタ自動車アルバルク東京(現アルバルク東京)に移籍(2014-2015)

帰化選手になる(2015)

千葉ジェッツに移籍(2016-)

身長200 体重98 ポジションPF(パワーフォワード

 

 

パーカーは帰化選手らしく身体能力を活かしたプレイで

得点を重ねます。

 

しかし、パーカーの本当の魅力は職人的な活躍をすることだと感じます。

 

 

まずはリバウンド。

 

パーカーはオフェンスリバウンドの嗅覚がすごいです。

 

先日の第35節のアルバルク東京戦でも

パーカーのリバウンドシュートで流れを掴みました。

 

ボールが落ちてくるところにスッと入り、

身長や手の長さも活かし、

リバウンドを奪い、得点をとります。

 

必ずリバウンドに絡むので、

同じチームの選手も思い切ってシュートを打てますね。

 

「リバウンドを制する者が試合を制する」を体現した選手です。

 

 

そして、パーカーはスティールも得意です。

 

千葉ジェッツはディフェンスからの速攻で点を重ねるチームです。

 

その流れをうまく作る一人がパーカーです。

 

リバウンドと同様にボールへの嗅覚が強く、

相手のパスをうまくスティールし、

速攻に繋げます。

 

長い手を活かしたスティールと

ボールを取るために飛び出す判断力が素晴らしい選手です。

 

そして、スティールした後も

しっかり走り、得点に貢献します。

 

3Pライン辺りでスティールできると

簡単に速攻がだせ、得点を取ることが出来ます。

 

そのプレイで、チームに爆発力をもたらしてくれます。

 

 

上に書いたことから

パーカーはボールへの執着心が強いことがわかります。

 

この様な泥臭いプレイの積み重ねが

チームに勢いをもたらします。

 

チームを勝たせようという意識が強いのかもしれませんね。

 

 

もちろん、得点能力も高く、

インサイドの1対1や

調子がいい時は3Pシュートまで決めてしまいます。

 

 

本当に素晴らしい選手ですね!

 

 

千葉ジェッツは現在(4/15)チャンピオンシップの出場を決めています。

 

そして、東地区も優勝しています。

 

この勢いのままチャンピオンシップを勝ち進んでもらいたいですね。

 

その中でパーカーの動きは注目です!!

 

ぜひ、観戦してみてください!!