ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

職人的、3&Dのプレイヤー  晴山ケビンに注目!【京都ハンナリーズ】

ブログを開いていただき、ありがとうございます。

 

 

今回は京都ハンナリーズの職人的なプレイヤー、

晴山ケビンについて語ります。

 

f:id:futa12b:20190423232712j:plain

Bリーグ公式サイトより(https://www.bleague.jp/roster_detail/?PlayerID=8483

 

基本情報

盛岡市立高校出身

東海大学出身(インカレ優勝経験あり)

東芝ブレイブサンダース神奈川(現川崎ブレイブサンダース)に入団(2015-2017)

京都ハンナリーズに移籍(2017-)

身長191 体重93 ポジションSF(スモールフォワード

 

 

晴山は高校からバスケを始めて、

今ではプロで活躍している能力が高い選手です。

 

晴山の魅力は3Pシュートのうまさと

ディフェンスのハードさです。

 

所謂、3&Dプレーヤーです。

 

3&Dプレーヤーとは

オフェンスでは3Pシュートを狙うシューター的な役割を担い、

ディフェンスがうまく、しっかり相手を止める役割を担う選手のことです。

 

職人的な働きをするプレーヤーですね。

 

晴山のプレイスタイルそのものです。

 

彼はオフェンスの時は味方が攻めやすいように

スペースを空けながら、

外に開いて、3Pシュートを狙います。

 

無駄打ちをせず、ノーマークになって

きっちり決める姿は非常にかっこいいです!

 

ほぼ毎試合きめています。

 

その様子はまるで、スナイパーですね(笑)

 

また、3Pシュート以外にも

ボールを持っていない時に

タイミングよくインサイドにとびこみ、

ゴール下で簡単にシュートをきめます。

 

ゴール下のスペースが空いた瞬間に

きっちり合わせます。

 

タイミングをよくみていますね。

 

 

そして、ディフェンスです。

 

晴山はインサイド、アウトサイドの選手の両方を守ることが出来ます。

 

そして、しっかりプレッシャーをかけて、

アグレッシブにディフェンスをします。

 

また、リバウンドにもしっかり絡み、

泥臭いプレイも嫌がらずに

果敢に行います。

 

晴山はあまり目立たないかもしれませんが、

要所要所できっちりチームに貢献しているイメージです。

 

 

晴山は前にいた川崎ブレイブサンダースでは出番は多くありませんでした。

 

しかし、京都ハンナリーズではスタメンで出場し、

欠かせない選手の一人になっています。

 

晴山の持ち味を存分に発揮できるチームに入れて

良かったなと思います。

 

 

晴山は学生時代から献身的にプレイしていました。

 

そのプレイスタイルは今も変わりません。

 

 

2019-2020シーズンでのさらなる活躍に期待ですね!!!

 

こんな晴山に注目です!!