ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

【Bリーグ】5/15 B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-2019が開催!レギュラーシーズンMVPは富樫に!

記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

Bリーグのチャンピオンシップが終わり、興奮が冷めないこの頃ですね。

 

まだ、余韻が残っています(笑)

 

 

さて、5/15にB.LEAGUE AWARD SHOW 2018-2019が開かれました。

 

選手たちはスーツできめており、試合とはまた違ったかっこよさがありました(笑)

 

ここで、今シーズン活躍した選手がシーズンMVPや得点王などの様々な受賞がされました。

 

受賞された賞と選手はこちら…

(得点王~ブロック王の数字は1試合平均)

 

・シーズンMVP 富樫勇樹(千葉)

・得点王(27.6) ダバンテ・ガードナー(新潟)

・アシスト王(8.5) ジュリアン・マブンガ(京都)

・リバウンド王(12.3) ジョシュ・ハレルソン(大阪)

・スティール王(2.2) 中山拓哉(秋田)

・ブロック王(2.4) カディーム・コールビー(秋田)

・ベスト3P成功率王(45.2%) 石井講祐(千葉)

・ベストFT成功率王(90.9%) 金丸晃輔(三河

・ベストタフショット王 富樫勇樹(千葉)

・ベスト6thマン 馬場雄大(東京)

・ベストディフェンダー賞 遠藤祐亮(栃木)

・新人賞 岡田侑大(三河

・ベスト5 遠藤祐亮(栃木)、富樫勇樹(千葉)、田中大貴(東京)、ダバンテ・ガードナー(新潟)、金丸晃輔(三河

 

 

f:id:futa12b:20190516234157p:plain

千葉ジェッツ公式ツイッターより(https://twitter.com/CHIBAJETS

 

今シーズンに素晴らしい活躍をした選手ばかりですね。

 

ここで、僕的に印象に残った選手について語っていきます!

 

 

まずは富樫。

 

富樫はシーズン中ではないのですが、

僕が印象に残っているのはチャンピオンシップで魅せた3Pでの追い上げです。

 

連続で3Pシュートをきめた怒涛の追い上げに鳥肌がたちました。

 

シーズンでも、富樫は勝負所でシュートをきめる強さがありました。

 

素晴らしいメンタルですね。

 

また、富樫はこの様なメンタルだけでなく、ガードとしての能力も高いです。

 

ノーマークになった選手には的確にパスをさばき、

味方に攻めさせるということもさせます。

 

速攻にもしっかり絡み、千葉の得意なオフェンスの形を牽引します。

 

千葉ジェッツの東地区優勝、そして勝率1位の立役者となった素晴らしい選手です。

 

また、スピーチの中で彼は

「子どもたちのお手本になりたい」と語りました。

 

富樫はバスケットボール選手としてはあまり大きくありません。(身長167)

 

しかし、小さな巨人としてプレイし、見事MVPに輝きました。

 

今でも十分、小さなバスケットボールプレイヤーの見本となっているのではないでしょうか。

 

富樫にあこがれて、また新たなスター選手がでてきたら嬉しいですね。

 

富樫には今後も日本バスケを引っ張ってもらいたいです。

 

 

 

また、アシスト王に輝いたマブンガにも目が惹かれました。

 

彼は得点ランキングも6位につけています。

 

彼の試合での支配力は圧巻でした。

 

場面によったら自分でボールを運び、得点。

または、味方がシュートを打ちやすいパスを配給し、ゲームをコントロールしました。

 

特に、同じ京都のデイヴィッド・サイモン(得点2位)との連係プレイは何度も観ました。

 

阿吽の呼吸で見事に得点を奪います。

 

まさに何でもできるプレイヤーでした。

 

 

ベスト6thマンを受賞した馬場は納得の結果ですね。

 

チャンピオンシップではMVPにも輝きました。

 

彼は主にベンチから試合に出ていました。

 

そこで試合の流れをよく変えていました。

 

馬場は身体能力を活かしたスティールからのダンクや

勢いのあるドライブやディフェンスなど、

とにかくチームに勢いを与えてくれます。

 

勝利への執念がすごいです。

 

ティールからのダンクはもはや、馬場の代名詞ですね(笑)

 

素晴らしい運動量でチームの勝利に貢献しました。

 

 

そして、新人賞に輝いた、岡田。

 

彼は20歳とは思えないメンタルをもっています。

 

大学を中退し、シーホース三河に入団。

 

異色な経歴です。

 

20歳の若さでプロにとびこんで結果を出しています。

 

40試合出場で、20試合でスターティングメンバー、平均出場時間21分、平均得点10.3という様な活躍をみせ、チームに欠かせない存在になりました。

 

入団早々、このような活躍は素晴らしいですね。

 

プロに入っても物怖じしない姿勢は、

ビビりな僕からしたら見習いたいと思います(笑)

 

今後の更なる活躍に期待ですね。

 

 

他の選手もシーズン中、チームの勝利に貢献する素晴らしいプレイを繰り広げました。

 

 

来シーズンも彼らの活躍が楽しみですね!!

 

 

今年は夏に日本代表がワールドカップに出場します。

 

富樫をはじめとした選手は、代表でも活躍してほしいですね!!

 

今から楽しみです!!