ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

【日本代表】女子国際強化試合 日本VSベルギー第1戦で日本が快勝!!!【女子バスケ】

記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

今回は5/31に行われました、女子国際強化試合、

日本VSベルギー第1戦の結果と個人的に好きだったプレイを書こうと思います。

 

f:id:futa12b:20190601235031p:plain

日本バスケットボール協会公式ツイッターより(https://twitter.com/JAPANBASKETBALL

 

 

結果は91-75で日本が快勝しました。

 

流石の展開でしたね。

 

日本は終始リードして勝利を掴みました。

第1Qから流れを引き寄せ、お得意の3Pシュートを中心に点を重ねました。

どのプレイヤーも3Pシュートを決められるので、的を絞らせず、オフェンスを展開することができました。

 

素晴らしい勝利ですね。

 

この試合では様々な好プレイがありましたが、特に光ったのはチームでデザインされた3Pシュートを打たせるプレイだったと思います。

 

チームで共有されたオフェンスで、様々な組み立てられ方がされました。

 

その中でも個人的に好きなプレイがありました。

 

それは、ガードの町田がボールコントロールをしてスタートしました。

 

この時、日本はシューターの赤穂以外が右サイドに固まっており、

右サイドでオフェンスを組み立てるのかと思いました。

そして、インサイドプレイヤーの梅沢を町田が呼んで自分のマークマンにスクリーンをかけさせます。

その瞬間、ベルギーの選手全員が町田の方に注目。

逆(左)サイドにいた赤穂のディフェンスも町田のドライブを警戒し、右サイドに寄りました。

すると、町田は逆(左)サイドにいた赤穂に的確なパスをさばき、見事にノーマークで3Pシュートを打たせました。

 

全ての選手が連動していないとできないですが、その中でもポイントガードの町田の判断力が素晴らしいと感じましたね。

 

また、町田はドライブが得意で、この試合でもベルギーのディフェンスを切り裂いて、レイアップまでもっていくシーンもありました。

そのおかげもあり、ベルギーの選手は全員町田を警戒しましたね。

 

梅沢もしっかりスクリーンをしたので、ベルギーのディフェンスは町田に寄らざるを得ませんでした。

 

きれいにデザインされた見事なプレイだったと感じます。

素晴らしいですね。

 

 

今回はレポートではなく、気になったプレイにスポットを当てて書いてみました。

それぐらい、このプレイが印象に残ったのです(笑)

 

また女子日本代表戦のレポートも書きたいと思います。

 

6/2(日)14時~ 茨城県アダストリアみとアリーナ

日本VSベルギーの第2戦も行われますので、興味がある方はぜひ観戦してはいかがでしょう。

 

ヤフープレミアム会員の方は、バスケットLIVEで登録すればすぐに観戦できます。

会場が遠い方はぜひこちらで、、、

 

今後の女子日本代表にも注目ですね!!

 

そして、明日も勝てますように、、、、