ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたい

日本代表で大活躍!!シューター林咲希に注目!!【女子バスケ】

記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

今回は先日(2019/5/31、6/2)行われた、国際強化試合ベルギー戦で大活躍し、

MVPにも選ばれた林咲希について語ります。

 

 

f:id:futa12b:20190605000107p:plain

日本バスケットボール協会公式ツイッターより(https://twitter.com/JAPANBASKETBALL

 

林は6/2の試合レポートでも注目しましたが、改めて語っていきます。

 

 

www.futanobasketball.xyz

 

 

林の魅力は何といっても勝負強い3Pシュートです。

 

1戦目も2戦目もベンチから出て、いきなり3Pシュートを沈めました。

そして、そのまま3連続できめました。

 

ベンチから出ていきなり3Pシュートをきめるというのは難しいのですが、

林は大舞台で難なくやってしまいました。

 

素晴らしいですね。

 

更に、この3Pシュートはチームでデザインされたプレイの中で決めたものです。

ガードの町田などを中心にオフェンスを展開し、林はスクリーンをしてもらいながら、ノーマークになり、シュートをきめる。

林はチームの期待にしっかり応えていました。

ノーマークにさえなれば、必ずきめる勢いでしたね。

 

今回の2戦とも、5本の3Pシュートを沈めました。

 

林は3Pシュートを沈める能力の高さがありながら、冷静さも兼ね備えています。

 

これは、2日目の試合のプレイからみてみましょう。

 

まずは、2本目の3Pシュートをきめたシーンで観られました。

日本はパスで崩して、林はノーマークになったように見えました。

しかし、ベルギーの選手は林をブロックできる位置にいました。

そこで、林は冷静さを魅せます。

相手が跳んだのを確認して、しっかりフェイクでかわし、一つドリブルをついて体勢を整えて、フリーで3Pシュートを打ち、沈めました。

 

勢いだけで打つのではなく、ディフェンスの動きを見て判断する姿は素晴らしいですね。

 

そして、ディフェンスを見ながら判断して、アシストに切り替えることもできます。

 

林の3Pシュートはノーマークにすると決められてしまうので、ディフェンスは警戒します。

 

そのため、スクリーンプレイをすると、ディフェンスが2人林についてしまいます。

そうすると、1人ノーマークになるので、その選手へのパスに切り替えます。

 

3Pシュートを決めることを中心におきながら、味方を活かす方向にもプレイできるのです。

止められる気がしませんね(笑)

 

林はオフェンスだけでなく、ディフェンスも頑張る選手です。

 

攻守にわたって、勝利に貢献する姿はまさに、MVPですね。

 

今後、日本を引っ張る選手になるでしょう!!

 

林の活躍に期待です!!!