ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたい

【大学バスケ】新人戦準決勝でトリックプレーを魅せた男 野崎由之に注目!!【専修大学】

 記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

関東大学の新人戦が終わりましたね。

 

結果は、東海大学が優勝しました。

各大学の2年生以下が活躍した良い大会でしたね。

 

勝戦では以前記事に書いた佐土原が大活躍でした。

29得点を記録する、流石のプレイでした。

佐土原の紹介記事↓

 

www.futanobasketball.xyz

 

 

さて、この新人戦では少しかわった注目のされ方をしたプレイヤーがいました。

 

それは専修大学野崎由之です。

 

基本情報

市立船橋高校出身

専修大学2年生

身長181 ポジションG(ガード)

 

 

注目されたプレイというのがこちらです!


【バスケ】緊急事態からの見事なショット!野﨑 由之(専修大学2年/G/181cm/市立船橋高校)

 

新人戦準決勝、VS筑波大学の時のプレイでした。

 

第3Qの残り僅かな時間で事件は起こりました。

 

野崎は味方にパスを出し、コーナーに行くと、何とほどけていた靴紐を結びなおし始めました。

 

その時、野崎のディフェンスは、野崎はオフェンスに参加しないと考え、少しボールマンに寄ってディフェンスをします。

 

すると、靴紐を結び終えた野崎がボールを呼び、そして受け取り、ディフェンスが追い付けない状態で、3Pシュートを沈め、第3Qは締めくくられました。

 

野崎についていたディフェンスは悔しかったでしょうね。

もちろん、野崎は狙ってやったことではないでしょうけれど、

思わぬフェイクになってしまいました。

 

そして、そこでしっかりシュートを沈める野崎も流石です(笑)

 

専修大学には今回の野崎もそうですが、4年生の盛實など、面白いプレイをする選手が揃っています。

その為、観ていて楽しい試合をしてくれる事が多い様に感じます。

 

何度も言いますが、今回のプレイは狙ったわけではないと思います。

しかし、結果として魅せるプレイの一つになったのではないでしょうか。

試合ではこの様な思わぬことも起きるので、楽しいですね。

 

日本のバスケでも珍プレイ的なまとめがあれば、面白いかもしれないなと感じた動画でした(笑)

 

実際にこんなことされた相手はたまったものではないでしょうが、

ここから何か話題になれば良いなと思いますね。

 

因みに、野崎自身は能力の高いプレイヤーでもあるので、今後の活躍にも期待です!!