ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたい

京都ハンナリーズの伊藤達哉が大阪エヴェッサに移籍!?【Bリーグ】

記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

またまた、京都ハンナリーズから移籍のニュースがありました。

 

今回は、京都ハンナリーズ伊藤達哉大阪エヴェッサに移籍することが決まりました。

 

 

f:id:futa12b:20190624232429p:plain

京都ハンナリーズ公式ホームページより(https://hannaryz.jp/team/players/detail/id=7435?PlayerID=10849

 

伊藤達哉の紹介記事はこちら↓

 

www.futanobasketball.xyz

 

 

伊藤は京都のスタメンのポイントガードとして定着しており、

京都のゲームメイクを任されていました。

 

伊藤は身長173で体格に恵まれているとはいえません。

しかし、その能力の高さでチームを引っ張っていました。

 

伊藤は2017-2018シーズンで新人王こそ逃しましたが、新人王の候補になった選手です。

それぐらい、Bリーグの中で期待されているプレイヤーです。

 

伊藤はキレのあるドライブ、的確なアシストでチームに貢献します。

そして、トリッキーなプレイでディフェンスを惑わし、会場を沸かせます。

 

ドライブでゴール下をひっかきまわし、そこから繰り出されるノールックパスは惚れ惚れしてしまいます(笑)

 

また、伊藤はディフェンスが良く、泥臭いプレイもこなします。

ディフェンスでは、ボールマンに対してぴったりついていき、少しでも隙をみせるとスティールされてしまいます。

ルーズボールにもしっかり飛び込みます。

チームに活気をもたらしてくれるプレイヤーですね。

 

そんな伊藤がこの度、大阪エヴェッサに移籍することになりました。

伊藤は「持ち味である、エナジー溢れるプレーで皆さんがフルフル、ワクワク出来るよう、そして大阪に『伊藤達哉ここにあり!』と言っていただけるよう、情熱を持ってプレーし、チームを勝たせられるポイントガードを目指して日々精進していきます!!」とコメントしています。

コメント引用元:https://www.evessa.com/news/190624_03/

 

伊藤はコメントにもあるようにエナジーたっぷりの選手で、チームに勢いをもたらしてくれます。

そして、基本は的確なパスを配給して試合を展開し、流れが良くない時には自ら点を取ります。

大阪の新たな戦力として活躍するでしょう。

 

逆に、京都はポイントガードが多くないので、伊藤が移籍したことによって

マブンガが試合を組み立てる時間が長くなるのかなと感じます。

更なる戦力補強が京都も必要ではないかと思います。

 

それだけ、伊藤の影響力は大きく、どんなチームでも活躍してくれるでしょう。

新天地、大阪エヴェッサでどの様なプレイを魅せてくれるか、今から楽しみですね。

 

大阪エヴェッサファンの人は、伊藤の活躍に期待ですね!!