ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

6/24 田臥勇太が2019-2020シーズンも栃木ブレックスとの契約継続することが決定!!【Bリーグ】

記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

今回は、栃木ブレックス田臥勇太2019-2020シーズンも契約継続することが決定したことについて書いていきます。

 

 

f:id:futa12b:20190627000532p:plain

栃木ブレックス公式ホームページより(https://www.tochigibrex.jp/news/detail/id=15404

 

田臥の紹介記事はこちら↓

 

www.futanobasketball.xyz

 

6/24に栃木ブレックスより田臥勇太が契約継続をすることが発表されました。

田臥JBL時代の2008-2009シーズンから今まで栃木ブレックスに在籍しています。

実に12シーズン目になります。

まさに栃木ブレックスの顔として君臨し続ける選手ですね。

 

田臥は日本人で初めてNBAのコートに立ち、帰国してからもずっと日本バスケを支え続けている選手です。

 

そんな田臥も38歳。

正直、そろそろ引退もよぎる年齢になってきたのではないかと感じていました。

2018-2019シーズンでは腰痛のため、5ヶ月という長期間、試合から離脱していました。

今は復活していますが、そろそろバスケを続けるのは厳しいのではないかと勝手に心配していたものです。

しかし、そんな心配は杞憂に終わりましたね!

田臥はコメントで「毎試合熱く戦い、栃木をそしてBリーグを盛り上げていきたいと思っています。」と述べています。

(参考:https://www.tochigibrex.jp/news/detail/id=15404

 

本人はまだまだやる気で、栃木やBリーグのために素晴らしいプレイを魅せてくれるみたいですね。

さすが、日本バスケ界のレジェンド!

 

田臥は体力こそ、全盛期よりは衰えがみえる部分があるかもしれませんが、

プレイの質は衰え知らずだと思います。

2018-2019シーズンの復帰してから最後の1ヶ月の田臥のプレイを観ると、安定感のあるアシスト力や突破力、ディフェンス力、シュート力を発揮し、速攻にもしっかり絡んでいました。

特にパスの部分では田臥らしい効果的なノールックパスを魅せてくれています。

2019-2020シーズンの活躍にも期待ですね!!

 

まだ、バスケットボールのプロが今ほどメディアに取り上げられていないころ、

それでも注目を浴びていた、田臥勇太

 

Bリーグの顔であり、日本バスケ界の先駆者である彼のプレイを観られることは本当にうれしいことです。

今では、田臥が切り開いてきた道に、渡邉や八村、そしてアメリカで挑戦を続ける他の選手といった、たくさんの後継者が続々と現れています。

彼らの今があるのは、やはり田臥が不可能と言われたことを可能にしたということがあるからだと思います。

 

そんな日本バスケ界のレジェンドである田臥を観られるのは幸せなことですね。

 

これからも栃木ブレックス、そして日本バスケの発展にどの様な影響を与えてくれるか注目です!!!