ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたい

馬場雄大がNBAサマーリーグに参加!! NBAの夢に近づく!!【アルバルク東京】

記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

アルバルク東京馬場雄大が何と、NBAサマーリーグに参加することが発表されました。

 

f:id:futa12b:20190630113653p:plain

アルバルク東京公式ホームページより(https://www.alvark-tokyo.jp/news/detail/id=14597

 

馬場雄大の紹介記事はこちら↓

 

www.futanobasketball.xyz

 

馬場は、先日(2019/6/16~6/18)マーベリックスのミニキャンプに参加しました。

そこでの選考に通過し、今回、マーベリックスの一員としてサマーリーグに参加することになりました。

このサマーリーグNBAの選手になるためのアピールの場となります。

若手選手からNBAの実績が無い選手が試されます。

ここで結果を残せば、日本人4人目のNBAのコートに立つ選手になれる可能性がでてきます!

田臥勇太渡邊雄太はこのサマーリーグで結果を残したおかげでNBAプレイヤーになれました。

馬場にもここで結果を残してもらいたいですね。

 

馬場のNBAの舞台に立つという夢への実現に一歩近づきました!!

 

馬場はここの目標に向かって、大学生の途中からアルバルク東京に加入し、NBA挑戦のチャンスを伺っていました。

そして今年(2019年)、遂にミニキャンプに招待され、チャンスをつかみ取り、サマーリーグの参加に結びつけました。

 

馬場は能力の高さももちろんありますが、彼も気持ちが非常に強い選手です。

これまで、日本人でNBAの舞台に立っている選手は気持ちが強い選手ばかりでした。

気持ちが強いというのは、やはり「誰にも負けたくない」という勝利への執念のことです。

馬場も田臥や渡邊、八村の様に気持ちの強さをもっているプレイヤーです。

彼は学生時代から、勝利への執念が人一倍強い選手だと感じます。

ルーズボールへの飛び込み方が違いますし、チームの流れが悪い時は自ら積極的に点を取りにいきます。

彼のプレイを観ると、チームを勝たせてくれるのではないかという気持ちがわいてきます。

 

馬場はコメントで

「前回のミニキャンプに参加してフィジカルの強さは感じましたが、自分の強みであるリングへのアタックや通用した部分もあったので、次のキャンプやサマーリーグでは、オフェンス、ディフェンスともにさらにプレーの強度を上げてアピールしていきたいです。」

と述べています。(参考:https://www.alvark-tokyo.jp/news/detail/id=14597

 

NBAミニキャンプに参加するのは世界からの選りすぐりの選手です。

そんな選手相手にリングへのアタックが通じたというのは、流石ですね。

ワールドカップアジア予選のイランなどの強豪国相手にも通用していた部分なので、

しっかり力を発揮できたのだと感じます。

 

大学生のうちから日本代表にも選出され、アルバルク東京でもプレイし、日々の鍛錬を続けている馬場雄大

そして、NBA9位指名を受けた、中学生のころの後輩である八村塁の存在。

能力面でもメンタル面でも様々な刺激を受けてきたのだと思います。

 

そして、彼のやり方で今、NBAへの夢をつかみ取れる可能性がでてきています。

 

ぜひとも、サマーリーグでも結果を残して、NBAの舞台に立つ馬場雄大を観たいですね。

 

サマーリーグは7月5日から始まります。

彼の動向に目が離せません!!