ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

サマーリーグ出場の4選手が次々出場!!結果を残す!!【日本代表】

記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

今回はNBAサマーリーグに続々出場している、渡邊雄太八村塁比江島慎馬場雄大のそれぞれの活躍を紹介していきます。

 

 

f:id:futa12b:20190708224839p:plain

NBA Japan公式ツイッターより(https://twitter.com/NBAJPN

 

渡邊NBAサマーリーグのデビュー戦についてはこちらに書きました!↓

 

www.futanobasketball.xyz

 

渡邊はサマーリーグで4試合出場しています。

そのすべての試合で2桁得点です。

シュートの調子は良い状態みたいですね。

3Pシュートをしっかり沈め、1対1でもバスケットカウントをきめています。

この調子をこれからも継続してほしいですね。

渡邊本人は調子が良くなさそうですが、その手ごたえで2桁得点を取れていますので、この先のプレイに期待できます。

 

そして、八村

NBAドラフト全体9位指名でウィザーズに加入した八村。

そんな彼はさすがの活躍をしました。

40分中34分という長い時間出場しました。

その中で、14得点5リバウンド2ブロックという、デビュー戦ながら攻守にわたって勝利に貢献しました。

1対1からゴール下での得点や得意のハイポストからのミドルシュートが観られました。

安定感のあるプレイを魅せてくれましたね。

ブロックに関しては本当に強烈なブロックでした。

速攻の相手のダンクを後ろからファールなしでブロックしました。

絶対止めるという気迫を感じましたね。

八村はこのままの調子でいけば、シーズンが始まってからも出場できると思います。

 

次は比江島

彼はペリカンズでプレイしています。

彼はデビュー戦から日本人同士の八村との対戦でした。

比江島は5分の出場で八村と同時出場する時間帯もありました。

短い時間ながら3Pシュートを打つチャンスがありましたが、惜しくも結果を残せませんでした。

比江島本人も「自分も活躍したかった」と言っています。

サマーリーグはまだ始まったばかりですし、次の試合でチャンスがあったときに期待ですね。

 

そして、馬場

彼はマーベリックスでプレイしています。

馬場はデビュー戦では19分の出場で、5得点6リバウンド3スティールの活躍を魅せました。

この試合では馬場らしいプレイもでました。

ルーズボールを拾い、自分できめるという闘志で、速攻を仕掛け、ディフェンスに体をぶつけながらも執念でシュートを沈めました。

さすがのプレイでしたね。

また、ダンクも狙いに行きましたが、これはブロックに阻まれてしまいました。

NBAの洗礼を受けた感じでしたね。

また、速攻の場面で3Pシュートも冷静に沈めました。

フェイクでディフェンスのブロックをかわし、見事に沈めました。

馬場は試合を通して、自分で得点をきめるという闘志が伝わってきました。

デビュー戦ながらも馬場の良さが出せた試合だったと思います。

 

今年(2019年)のサマーリーグでは、日本人4選手とも出場し、与えられた時間で結果を残そうと懸命にプレイしています。

 

渡邊や八村はもちろん、馬場も少しずつ、結果をのこせてきています。

今後の試合でどの様な活躍を魅せてくれるか楽しみですね

 

馬場と比江島に関しては、日本人4人目、Bリーガーから初のNBA選手となる可能性もあります。

応援するしかありませんね。

 

この先のサマーリーグの活躍に期待です!!