ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

得点能力が高く、PGにも挑戦するプレイヤー 横地聖真に注目!!【福岡大附大濠】

記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

インターハイがいよいよ7月28日からスタートします。

開催地は鹿児島県です。

インターハイとは毎年夏に行われる高校生の全国大会です。

今年も激戦が繰り広げられることでしょう。

今から楽しみですね。

 

さて、インターハイが近くなっていますが、あえてインターハイに出場しない高校の選手をここでは紹介させてください。

 

今回は得点能力が高く、今年(2019年)からポイントガードにも挑戦している、横地聖真について書いていきます。

 

基本情報

福岡大学附属大濠高校在学

身長192 ポジションG/F(ガード/フォワード)

 

横地はガーナ人の父親をもつ、ハーフです。

 

そんな横地の魅力は1対1の能力の高さです。

得点に関してはオールラウンドな働きを魅せてくれます。

 

横地は高校1年生のころからスタメンでスコアラーとして活躍をしていました。

この時から横地はドライブが得意でした。

速く、キレのあるドライブでディフェンスを抜き去り、体の強さを活かしてカバーディフェンスがきてもレイアップを決めきる姿は圧巻でしたね。

また、シュートタッチがやわらかいので、ディフェンスがプレッシャーをかけても最後まできめきる能力があります。

 

そして、横地はジャンプシュートがうまいです。

ドライブを警戒するディフェンス相手には、ジャンプシュートでうまく対応します。

横地は身長も腕の長さもあるので、ドライブから急に止まってジャンプシュートを打つとディフェンスは付ききれません。

見事なジャンプシュートを魅せてくれます。

 

そして、ドライブからのジャンプシュートだけでなく、もちろん3Pシュートもきめてくれます。

どこからでも点が取れるので、非常にディフェンスしづらいプレイヤーですね。

 

そして、横地はメンタルが強いプレイヤーです。

横地が1年生の時のインターハイウインターカップではエースの様な活躍を魅せてくれました。

チームが苦しい状況の時には自ら点を取りにいき、負けそうなときには勝負強さを発揮して得点をとります。

ダブルチームが来てもうまくかわして得点するシーンもありました。

1年生の時点でこの様なプレイができるのです。

相当強いメンタルをもっているということですね。

 

そして、3年生になった現在、ポイントガードを任されるようになります。

コンバートしたばかりなので、横地本人は悩みながらプレイしている様ですが、試合を観ると横地の得点能力を活かしたゲームメイクが観られます。

横地が1対1を仕掛け、点が取れそうならそのままフィニッシュまでいく。

ダブルチームが来ると、冷静にノーマークの選手にアシストする。

うまく、横地の良さをいかした試合展開ができていると思います。

 

横地が在籍する福岡大学付属大濠高校は残念ながらインターハイに出場できませんでした。

しかし、ウインターカップや国体のチャンスがあります。

 

インターハイには出場しませんが、個人的に気になる選手なので、紹介してみました。

 

横地の今後の活躍に期待ですね!!