ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

【高校バスケ】インターハイベスト4が出そろう!+開志国際屈指のシュータージョーンズ大翔に注目!!

記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

インターハイベスト4が出そろいましたね。

そして、今回は開志国際高校の屈指のシューター、ジョーンズ大翔について書いていきます。

 

ベスト4まで勝ち上がった高校はこちら!!

 

男子

報徳学園(兵庫) - 北陸(福井) 
福岡第一(福岡) - 開志国際(新潟) 

 

女子

桜花学園(愛知) - 大阪桐蔭(大阪) 
岐阜女子(岐阜) - 大阪薫英女学院(大阪) 

 

男女ともに優勝候補とダークホースの高校がバランスよく勝ち上がってきました。

男女ともにどこが決勝戦に上がってもおかしくありません。

楽しみになりますね。

 

 

ここからは開志国際高校のエース、ジョーンズについて書きます。

 

基本情報

・2002年8月14日産まれ

・開志国際高校在学

身長193 体重83 ポジションSG(シューティングガード

 

ジョーンズはシュートが得意です。

3Pシュートを中心に様々なパターンでシュートを決めるのが魅力ですね。

 

まずは3Pシュート。

速攻でもじっくりオフェンスをするときも、少しでもノーマークになれば3Pシュートを打ってきます。

ディフェンスはきっちり3Pシュートを打たせない様にしないと、一瞬のスキをついてきます。

ディフェンスが前に立っていても、シュートを打てそうなら迷わず打って、決めてしまいます。

見事なタイミングで打ちます。

シュートを打つスピードも速いので、なかなか止められません。

素晴らしいですね。

 

そして、ドライブでもしっかり抜いてきます。

3Pシュートを止めるためにディフェンスが寄ると、ドライブで抜いてしまいます。

そして、スピードをいかしてレイアップまでもっていきます。

 

ジョーンズは更に、アシストもできます。

ジョーンズは点取り屋ですが、高校2年生になってからはポイントガードにも挑戦しています。

そのため、ドライブして、ジョーンズにディフェンスを寄せ付けて、ノーマークの選手に見事にアシストします。

プレイの幅が広がってきており、成長を感じます。

素晴らしいですね。

 

開志国際は昨年(2018年)のインターハイ優勝しています。

ジョーンズはその時から活躍し、開志国際の優勝に貢献しています。

 

準決勝はいよいよ優勝候補筆頭の福岡第一高校との対戦です。

 

ジョーンズに対するマークは厳しくなるでしょうが、それでもどの様に点を取るか楽しみですね。

 

ジョーンズのプレイに注目です!!!

 

そして、準決勝どこが勝つか、注目です!!!