ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

【日本代表】着実に成長する若きセンター シェーファーアヴィ幸樹に注目!!【アルバルク東京】

記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

2019年7月30日にワールドカップの日本代表候補16人が発表されました。

http://www.japanbasketball.jp/japan/51254

 

ウィリアムジョーンズカップに出場したB代表の選手も何人か選出されていますね。

選出された中で、今回は若きセンター、シェーファーアヴィ幸樹について書いていきます。

 

f:id:futa12b:20190809003336p:plain

アルバルク東京公式サイトより(https://www.alvark-tokyo.jp/team/players/detail/id=14214?PlayerID=19956

 

基本情報

・1998年1月28日産まれ

ジョージア工科大学出身

アルバルク東京入団(2018~)

滋賀レイクスターズにレンタル移籍(2019~)

身長205 体重106 ポジションC(センター)

 

シェーファーは体が大きく、着実に成長しているセンターです。

2014年にバスケを始めたとは思えない能力を発揮している、期待の選手ですね。

そんな彼の魅力は体を活かしたリバウンドやゴール下での体を張った得点です。

 

まずは、得点面。

シェーファーは高身長の上、体も強いので、ディフェンスに当たり負けすることが少ないです。

そして、シェーファーはフックシュートという片手でディフェンスをブロックしながら打つシュートをきめることができます。

その為、ディフェンスはシェーファーにゴール下でボールを持たれるとなかなか止められません。

試合ではシェーファーがボールを持った瞬間に3人で囲むような場面もあります。

また、シェーファーは合わせが非常にうまくなりました。

味方のドライブに合わせてうまく動いて、見事にノーマークでボールをもらいシュートをきめます。

更に、シェーファーはハイポストからのミドルシュートも決められる様になっています。

中距離のシュートをきめられる様になると、プレイの幅が広がります。

見事な成長ですね。

素晴らしいです!!

 

そして、リバウンド。

リバウンドも体の強さを活かして、もぎとります。

身長に頼るだけでなく、ポジションを取って、リバウンドをとります。

チームの大黒柱として、リバウンドをしっかりとれている様に感じます。

シェーファーに一番求められるのがリバウンドだと思うので、日本トップのリバウンダーになることを期待したいですね。

 

シェーファーは2019年から滋賀レイクスターズにレンタル移籍をします。

新天地では、出場時間も増えると思うので、どの様な活躍をしてくれるか楽しみですね。

 

シェーファーは若いうちに様々な経験をして、日本の大黒柱としてインサイドを担う選手になると思います。

今後の活躍に期待ですね!!