ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

【バスケ日本代表】8/22 VSアルゼンチン 試合レポート 強豪相手に善戦!!

記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

バスケットボール日本代表国際試合 International Basketball Games 2019」が終了しましたね。

ワールドカップに向けて、素晴らしい試合でした。

一つ一つの試合がファン側からみると、見応えのあるものでした。

 

今回は2019/8/22に行われたVSアルゼンチンの試合レポートを書いていきます。

 

f:id:futa12b:20190826222426p:plain

日本バスケットボール協会公式ツイッターより(https://twitter.com/JAPANBASKETBALL

 

アルゼンチンは世界ランキング5位という超強豪国です。

アテネオリンピックで優勝経験もある国です。

この様な強い国と試合できたのは素晴らしい経験になりましたね。

さて、どの様な結果になったのでしょうか。

 

 

結果は93-108で日本が敗北しました。

アルゼンチン相手に善戦しました。

15点差で抑えましたね。

途中、逆転もしました。

日本が世界に通用することを証明できたのではないでしょうか。

 

試合の立ち上がりは八村のゴール下の得点から始まりました。

八村に点を取らせるフォーメーションが見事に成功しました。

そこから第1Q序盤は点の取り合いになりました。

日本は八村中心に得点しました。

八村の素晴らしいダンクや得意のミドルシュート、速攻では渡邊へのアシストも観られました。

馬場も3Pシュートを決めました。

アルゼンチンはエースのブルシノが中心に得点しました。

3Pシュート、ゴール下でバランスよく得点しました。

両国とも、エースが活躍しましたね。

しかし、第1Q後半からアルゼンチンが連続して得点するシーンが続きます。

ブルシノの1対1やアルゼンチンの大黒柱で元NBA選手のスコラのゴール下の得点で日本を突き放そうとします。

日本もミスが増えてしまいます。

しかし、日本は田中から譲次のアルバルク東京コンビの合わせ、田中の3Pシュートなど、田中が活躍します。

比江島の3Pシュートもあり、食らいつきます。

しかし、最後はカンパソの速攻での得点で日本が追い付くことを許さず、アルゼンチンの7点リードで第1Qが終了します。

 

第2Q序盤はアルゼンチンの流れになりました。

アルゼンチンはパス回しが速く、日本のディフェンスが翻弄されてしまいました。

見事なパス回しからガリノ、ラプロビトラ、デック、スコラの3Pシュートがきまり、最大16点差まで開きます。

やはり地力の差が出たのかなと思われました。

しかし、第2Q後半に日本は覚醒します。

日本はディフェンスを頑張り、我慢しました。

そこから、馬場とファジーカスの活躍から日本の流れになりました。

馬場は積極的にドライブを仕掛け、ファールをもらいます。

そして、ファジーカスがリバウンドシュートと3Pシュートを連続してきめ、八村がスティールからのダンクを叩き込み、一桁差にしました。

日本は速攻もよくでるようになりました。

途中、デックに3Pシュートを決められますが、八村とファジーカスが3Pシュートを決め返します。

更に譲次がドライブからファールをもらい3点差まで詰め寄りました。

残り4秒で、アルゼンチンのビルドサが3Pシュートをきめて、アルゼンチンの良いオフェンスで終わるかと思われました。

しかし、馬場が最後に魅せてくれました。

残り4秒、アルゼンチンのディフェンスが油断した瞬間に馬場が猛スピードのドリブルで上がっていきました。

そして、馬場はブザービーターでバスケットカウントをきめます!!!

フリースローもしっかりきめ、日本は最高の形で、3点差で第2Qを終えます。

 

第3Qは点の取り合いになりました。

序盤、アルゼンチンは八村へのディフェンスをきつくしました。

そして、日本はゾーンでアルゼンチンを苦しめます。

このQ序盤で渡邊がさっそく魅せてくれました。

篠山との速攻の展開になったとき、篠山から渡邊はアシストをもらい、ダンクのバスケットカウントを沈めました!!

渡邊の力強いプレイが観られました。

また、篠山のドライブからのレイアップ、ファジーカスのゴール下、渡邊、田中の3Pシュート、八村のミドルシュートなど、多彩な方法で日本は得点を重ねます。

アルゼンチンもフィエレルップの1対1、ビルドサの速攻やミドルシュート、デックの3Pシュート、ブルシノのミドルシュートなど多彩な得点パターンも魅せました。

しかし、最後にアルゼンチンのカンパソにやられてしまいます。

最後のアルゼンチンのオフェンスで、カンパソが見事なバックステップで後ろに下がってからの3Pシュートを放ち、それがバスケットカウントになってしまいました。

そのため、アルゼンチンが6点リードで第3Qが終了します。

 

第4Qは序盤は均衡した展開になりましたが、後半から徐々にアルゼンチンが点差を離していきます。

最初は田中がファジーカスのスクリーンをうまくつかい、ミドルシュートを沈めます。

そして、馬場のダンクも観られました。

八村のゴール下の1対1での得点もありました。

しかし、アルゼンチンもスコラが1対1からのゴール下やミドルシュートフリースローを沈め、ブルシノが3Pシュートで点を重ねるなどで点差を縮めさせません。

日本は追い付く決め手がないまま、最後はアルゼンチンのスコラなどが連続して得点し、点差が離されます。

最後は93-108アルゼンチンの勝利で試合が終了しました。

 

結果は残念でしたが、世界ランキング5位のアルゼンチン相手に善戦しました。

第3Qには日本が逆転する瞬間もありました。

しかし、アルゼンチンはノーマークの3Pシュートをしっかりきめ、パス回しも速く、1対1も強かったですね。

日本の課題であった3Pシュートのディフェンスですが、ニュージーランド戦に比べて、どの選手も3Pシュートを止めようという姿勢が観られました。

ディフェンスの修正がありましたね。

ここから更にディフェンスの精度をあげると思います。

それを超えてくるアルゼンチンの実力は流石でしたね。

 

日本は本当に素晴らしかったです。

アルゼンチン相手に93点奪いました。

16点差まで一時は開きましたが、そこから見事に追い付きました。

まず、馬場のドライブの速さが圧巻でした。

第2Q終わりのバスケットカウントは本当に痺れました。

一瞬のスキを見逃さず、得意のドライブを活かしていました。

強豪相手に通用するドライブだと証明しましたね。

また、渡邊は完全復活でしたね。

ダンクのバスケットカウントには鳥肌が立ちました。

積極的にシュートも狙い、ディフェンスでも渡邊らしさがありました。

ケガの影響はなさそうなので、良かったです。

ファジーカスも3Pシュートをよく沈め、リバウンドでも貢献しました。

八村はアルゼンチン相手にいつも通りの得点力を魅せました。

流石はNBAドラフト9位の実力でした。

アルゼンチンの選手相手にも全く負けていませんでした。

2人にディフェンスされてもゴール下で得点したシーンは見事でした。

出場した各選手が活躍した素晴らしい試合でした。

 

ワールドカップが非常に楽しみですね。

 

1戦目は9月1日の日本時間17:30からトルコとの試合があります。

トルコも強豪ですが、今回の試合結果から勝利もあると思います。