ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

10/16  渡邊雄太が魅せてくれた執念のスーパープレイ!! 16日のトップ10プレイにもランクイン!!【NBA】

記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

早速ですが、渡邊雄太がスーパープレイを魅せてくれました!!

 

f:id:futa12b:20191018004505p:plain

NBA Japan公式ツイッターより(https://twitter.com/NBAJPN

NBAのプレシーズン3試合目、VSサンダー戦でのことでした。

渡邊は2試合目まで、あまり結果が残せていませんでした。

アシストやリバウンドでは少し数字を残しましたが、シュートの調子が良くなかったです。

それでも、短い時間で何とか結果を残すために奮闘していました。

 

サンダー戦では第4Q残り8分でプレイタイムをもらうことが出来ました。

何とか結果を出そうと、果敢に攻めました。

 

そして、渡邊は魅せてくれます。

パスをもらうとディフェンスにズレができていたことを瞬時に確認し、ゴールに向かってトップスピードでドライブを仕掛けます。

その後、空中でディフェンスをかわし、体勢を崩しながらもバックシュートを沈めます。

しかもこのシュートはバスケットカウントになりました!!

 

素晴らしい身のこなし、、、

まさにNBA選手といったプレイでしたね。

 

そしてこのプレイは何と、2019/10/16のトップ10プレイにもランクインしました。

 


NBA Top 10 Plays of the Night | October 16, 2019

 

最高ですね!!!

3試合目にして、何とか爪痕を残しました。

NBA全体の7位ですから、注目されますね。

 

渡邊は、個人的な感想ですが、責任感の強さや結果を残さなければならないという強い想いから、気負ってしまい、本来の力が出せないことがあるのだと考えます。

ワールドカップニュージーランド戦がまさに、気負ってしまい調子が出なかった試合の象徴だと思います。

しかし、渡邊は気負いさえなければ、どんな相手にも活躍できるのではないかと、勝手に信じています。

もちろん、NBAはそんなに甘くないことは重々承知です。

ですが、今回の試合では見事爪痕を残せました。

常に攻め気を忘れずにプレイする姿を今後も観たいですね。

 

渡邊の2way契約も今シーズンまでです。

何とか本契約に結びつけてほしいですね!

今回の結果を自信に、本契約まで突っ走っていくことを信じています。