ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。

【NBA】八村塁 開幕スタメンで出場!!ダブルダブルの記録を残す!!【ワシントン・ウィザーズ】

記事を開いていただき、ありがとうございます。

 

八村塁が開幕スタメンで出場しましたね。

そして、見事に活躍しました。

そんなデビュー戦の対戦相手はマーベリックスでした。

 

news.livedoor.com

 

f:id:futa12b:20191024003449p:plain

NBA Japan公式ツイッターより(https://twitter.com/NBAJPN

いやー、さすがドラフト1巡目9位!

デビュー戦から25分出場し、14得点10リバウンド。

 

 

田臥、渡邊に続き3人目のNBAデビューでした。

日本人初の開幕スタメンで出場、日本人最高得点の14点を記録という様に八村は様々な記録を塗り替えていきますね。

 

この試合、八村は得意のインサイド中心にプレイしました。

リバウンドではオフェンス、ディフェンス積極的に絡み、得点も体を張ってプレイし、2人に囲まれながらもシュートをきめるシーンがありました。

フィジカルはすでに対応できていますね。

圧巻の力強いプレイでした。

また、インサイドが空いていたら積極的にとびこみ、ボールをもらいにいっていました。

ルーキーながらも積極的な姿勢がみえましたね。

インサイドのディフェンスもマークマンに良いポジションを取られないようにしていました。

素晴らしいディフェンスだったと思います。

ただ、やはりNBAは甘くなく、ブロックを食らうシーンや3人に囲まれてターンオーバーになるシーンもありました。

ルーキーとはいえ、マーベリックスの選手は全力で八村をつぶしにきているという印象でした。

 

また、速攻でもしっかり走っていました。

隙があれば先頭を走り、得点に結びつけていました。

また、八村が自らリバウンドを取るとそのままボールを運ぶシーンもありました。

いつでも速攻につなげられそうな感じでしたね。

八村の良さが出ていたと思います。

 

ただ、この試合、八村は3Pシュートを決めることができませんでした。

3本打ちましたが、1本も入りませんでしたね。

様々な場で言われていますが、八村の3Pシュートにも期待ですね。

インサイドでの存在感は発揮しましたので、今後八村のインサイドプレイは警戒されると思います。

 その為、八村が3Pシュートをきめられると守るポイントを絞られなくなるので、ディフェンスも苦労すると思います。

 

八村は緊張もあったと思いますが、堂々としたプレイを魅せてくれました。

 

NBAのシーズンは始まったばかり。

これからの八村の活躍には目を離せません!!

 

そして、八村の活躍に刺激を受けた日本人選手のBリーグなどそれぞれの場での活躍も期待ですね。