ふーたのバスケを語りたい

国内バスケの魅力をもっと広めたいと思ってます。